俳優になるために

俳優への道

俳優になるまでの流れ

俳優になるには、いろいろな方法があります。
まずはどこかの劇団に所属する、あるいは自分で劇団を作って活動をしていくといった方法があります。
劇団員として実績を積みながら演技の練習をしていきます。
そのまま舞台俳優として生きていくという場合もありますし、もっと大きな劇団に移っていくという場合もあります。
また、テレビや映画俳優を目指して芸能事務所のオーディションを受けるという選択もあります。
オーディションに受かった場合、地方から上京して生活するというような大きな選択を迫られることもあります。
芸能事務所では役者として必要なスキルのレッスンを受けることもできます。
縁起の練習はもちろん、ダンス、殺陣、日舞といったものも練習します。
テレビ出演は最初はエキストラや端役からが多いです。
どのような役が回ってくるかは事務所によって違い、現代ドラマが多い事務所もあれば時代劇が多い事務所もあります。
関西の事務所は京都が近いので時代劇の依頼が多い傾向にあります。
そうやって端役として出演するうちに、少しずつ大きな役がもらえるようになったり、オーディションの話が回ってきたりします。
また、テレビの撮影は分刻みの現場なので、遅刻は厳禁です。
遅刻に関しては徹底的に指導される事務所もあります。

俳優になるためには?

テレビに出ている人の括りとして、大きくは俳優・女優・歌手・お笑い芸人などに分類されますが、最近では歌手がドラマの主人公を演じたり、お笑い芸人が映画の主役に抜擢されることも少なくありません。
「俳優とは役を演じる人」の認識であるとすれば、その人自身の演技力次第でどんな役になりきることも可能なのです。
反対に俳優がドキュメンタリー番組のナレーションを担当し「声優」の域に入り込む場合や、出演しているドラマや映画の主題歌を歌い「歌手」になる場合もあります。
それでは「役を演じる人」になるためには、どうしたらいいのでしょうか?幼少期から子役として活躍しそのまま大人に成長していくパターンの他にも、オーディションを受けて役を獲得する方法や、演劇学校や養成所に入って学んでいくなどいくつかの方法があります。
しかし誰もが成功を収める訳ではありません。
努力や憧れだけで、なれる職業ではないのです。
長い下積み期間を経て、ようやく日の光が当たる場所へ出られる人もいます。
残念ながら、下積みだけで終わってしまう人もいます。
ただしその才能を見出された人にとっては、これ以上の職業はないといえるでしょう。
そのような狭き門を掻い潜って現在活躍している人々は、ある意味「一流」の証なのです。

recommend

池袋 賃貸

福岡 出張マッサージ

振袖 レンタル

Last update:2018/7/13

『俳優』 最新ツイート

@aoi_mano

@reevesspirea18 『ザ・ロック』まだ観てないんですけど画像だけでもエドさん渋いですね🙌 子役も明暗分かれますよね😅 そのまま成長してくれればいい俳優さんになられるんでしょうけど🙆 マックスさん、可愛らしいイケメンさん… https://t.co/tPtcHTpqD7

24秒前 - 2018年10月23日


@Haru_Alf

実写版の今井さぁん、漫画媒体だから許されてるみたいなところあったのが実体化しちゃったので、どうしてもシュールさよりも気持ち悪さが先行してる。 あと谷川役の俳優さん、直虎で中野Jr.を演じて以降大活躍っすな

28秒前 - 2018年10月23日


COPYRIGHT(C) 俳優への道 ALL RIGHT RESERVED